Wake me up

踊る若手俳優ヲタク

THE CONVOY SHOW asiapan 感想

ご無沙汰しております。asiapanが千秋楽を迎えてから大分たってしまいましたがまた懲りずに自己満足感想メモを残しました。あまりにも多忙で時間がとれず、ブログの更新自体が滞ってしまい申し訳ありません。

 

 asiapan、楽しかったですね!

真冬のイルミネーションに彩られてキラキラと輝くACTシアター。ロビーへ繋がる階段には沢山お花が飾られていました。今回はイメージカラーが赤だからか、赤いお花が多かったです。

 

一番最初のナンバーはこのブログのタイトルにもなっている『wake me up』。私が一番好きなナンバーの1つでもあります。舞台に上がる前のぴりっとした緊張感とか、今日はいつもより調子が良かったんだろうなって分かるような安心感とか、もう涙でステージ見えないどころの騒ぎじゃない!大好きなブロガーさんの言葉をお借りするなら「涙もでないほど」でした。

同じく大好きなcatsが圧倒的テクニックで魅せる舞台だとしたら、このコンボイは心で魅せる舞台...でしょうか。(もちろん技術も一流ですが...!)

何より踊る事が大好きなんだ!今生きていることが楽しいんだ!という気持ちがエネルギーとなって爆発し続けている...そんな踊りだと思いました。もしかしたらこの人達はこのエネルギーだけで日本縦断くらい余裕のよっちゃん(古い...?)かもしれない。(笑)

 

本編及びお芝居パート

これがコンボイの凄いかつ不思議な所。コンボイさんの舞台って、本番の期間の中で驚くほど成長するんです。例えば初日と3日目とかだと、もう全然違う。昨日は全然何ともなかった台詞で今日急に涙が出るとか普通。今回私は瀬下さんに涙ダーダージャバジャバでした。どの位かって言うと水分不足でACTシアターにエジプトの砂漠が出現するくらい。嘘ぴょん。

気分が落ち込んで今にも死にそうな顔で観劇に行った日は、「生きたい」「幸せだって胸張って言いたい」とかなんとか言っていたそうな...(そんな記憶無いけど!?)

情緒不安定な奴です、本当に。

 

パフォーマンスパート

ここでもう1曲の大好きな、キマグレンさんの「LIFE」を使ったタップが!初演の時は正直タップ未経験の推し俳優が上手くいくのか、怪我をしないかとタップを楽しむどころじゃない心境だったのですが今回は落ち着いて楽しめました。荒田至法くんのタップシューズでのターンが物凄く印象深いです。一度、軸がきっちり整っていた「調子の良い日」に(私も時々ある)、本人もびっくりするぐらいぎゅんぎゅん回っていました。素晴らしい。ビューティホーです。

 

 

こんなに感想が遅くなってしまいましたが本当に楽しい舞台をありがとうございました。私は幸せ者ですね(*´ο`*)

それでは、おやすみなさい。

Have a good dream.