Wake me up

踊る若手俳優ヲタク

THE CONVOY SHOW 星屑バンプ

 

コンボイショーを観て参りました〜!前作asiapanを鑑賞し、おじさま達の華麗なるダンスと推しがダブルのピルエットを決める美しさに負けてすっかり虜になってしまったのです...わはは。と言う訳でここから感想ですが、例のごとくネタバレ全開なのでご注意くださいませ。 

f:id:miq0w0:20170915002642j:image

 

*大まかなあらすじ

遊園地で着ぐるみショーをしているおっさんズの元に同じく戦隊ショーをしている若者組が突然現れて「熱中症で倒れた仲間の代役をして欲しい」と頼みます。最初は渋るおっさんズですが最終的に条件付きで要求を飲むことに。その条件とは「自分達と一緒にダンスコンテストに出ること」!しかしやる気があるんだか無いんだか分からないおっさんズに若者組はイライラして...

と言ったストーリーですが、正直あんまり分かりませんでした。会場の広さとかもあるけど、asiapanの方が分かり易かったなぁ〜...メッセージは痛いほど伝わるんだけど。

 

 

*オープニングのダンスパート

ハコが狭いから圧迫感が凄い!!!私だったらあの規模で8人で踊れって言われたら絶対無理だと思います。相手の事を気遣いながら全力出すのって厳しいじゃないですか。その点を踏まえても素晴らしい踊りを観せて頂けました。全員が音にピッタリはまるピルエットやバランスは圧巻ですね。流石コンボイの醍醐味(と勝手に思っている)。

 

*お芝居パート

これは正直好みが割れるんじゃないかな...今昔ギャグ物語かってくらい、息をするようにギャグを吐くので脳みそがフル回転でした。ブルゾンちえみとか恋ダンスとか、最近のギャグも多かったけど!今村ねずみさんがのび太くんの格好で出てきた時はビートたけし氏に見えて仕方なかったです。似てる。

私的に今回刺さったのは荒田至法さんがグダグダなおっさんズにブチ切れてコンペのポスターをぐしゃぐしゃにして踏みつけ、罵声をあげるシーンでした。一芸を武器に生きる人が言うからこそ重い言葉だったし、私も一芸で生きてるけど、手放したら終わりだから異常に執着しちゃうんですよね。手放す勇気を持ちたいものだ...。

この辺で私は泣きながらAqoursの「ユメ語るよりユメ歌おう」が脳内再生されていました。

ユメ語るよりユメ歌おう

ユメ語るよりユメ歌おう


ユメを語るコトバより
ユメを語る歌にしよう
それならば今を伝えられる気がするから

 運が良く、とても良いお席で観ることが出来たので至法さんの表情もよく見えまして...きっと私の顔は大変情けない事になっていたでしょう。恥ずかしい。

 

*〆の怒涛のパフォーマンスパート

体力勝負ですね...割と尻が痛くてこっちも死にそうでしたよ。推しがダブルピルエットからのフェッテ成功させてて、感動と緊張で無音で咽び泣きました。スニーカーでフェッテなんかしよって足が若干心配です。

最高に格好良いおじ様達と若者組を観るなら本当にオススメだと思いました。

 

なんだか長くなってしまったので前後編に分けようと思います。まだ観に行きますし。内容の感想だけは新鮮なうちに書いておこうと思い書いた所存でございます。

 

 

追記

とかなんとか言ってグダグダ公開するの迷ってたら割と事件が起きてましたね。鉄ミュ3おめでとうございます!!そして滝川英治さん大丈夫か!?脊椎損傷してたら洒落にならないし自転車で転ぶのって結構怖いですよね...(昔カーブで曲がりきれずに植え込みに投げ出されたアホ)

yahooニュースは許しません。ヤフーなんか使ってやるものかgoogleだわ。