Wake me up

踊る若手俳優ヲタク

推しが武道館いってくれたら(別の意味で)死ぬ

 

生まれてはじめて「メロンブックス」に行きました。毎日通る繁華街にあるのに場所すら知らず、地球の裏側から遊びに来てくれた幼なじみ(♂)に連れられてその暖簾をくぐったのです。というのもピー年前に一度同人誌にハマって経済的にも精神的にも地獄の門を見たからさ...。狂ったようにとらのあなに通ったのが遥か昔の事のようですね。それ以来本当~~~に買わないと気が済まない本だけ買っています。ちなみにカップリング本は買っていません。

さて、そんなこんなで足を踏み入れましたメロンブックス。圧倒的男性向けショップ、お邪魔しまぁす。あっちでフランドールこっちで那珂ちゃん、防御力の心許無いカーテンをくぐればやたらと肌色の多いルビィちゃん...。店内BGMは音の波、波、波。極彩色の店内によろめきながら「なにか、なにか買わねば...!」というドケチ心...もとい使命感でレジ横にあった恐らく店員さんオススメの一冊をガッシリ握り締めてお買い上げしました。こちらです。じゃん。

 

 

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

 

 

 わたしの心はいつの間にこんなにも狭くなっていたんだ...(6話)

 

この作品の舞台は地下アイドルを追いかけるヲタクですが、若手俳優界隈でもよく聞くよなぁ...置き換えられるよなぁ...としみじみ感じました。1巻のおすすめは第6話です。主人公がはじめての同厨に同担拒否を炸裂させるのですが、情弱おたくの私ですら同厨怖い(嫌いじゃなくて、怖い)のできっとガッツされてる方はもっと思う所があるんだろうなぁ...と恐ろしく思いました。私は発明会館規模でも同厨に囲まれて半泣きだったので武道館規模になったら事件起きると思います。げろげろです。

平尾アウリさんのことは全然知らなかったのですが可愛らしい少女マンガのような絵と主人公が女性という所もポイント高いですね。

他にも接触でアイドルに向かって「××ちゃんのおたくだけど緊張しちゃうのでとりあえず来ました~」とか「空いてて可哀想だから来てあげた」とか抜かす厄介なファンの話もありました。面白いです。一度読んでみてください。

 

 

本日もこんなに頭の悪い作文を読んで下さりありがとうございました。今読み返したら最初の400文字程度が完全に蛇足でした。笑。猛省しおります。

そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。